電通工業とは 事業案内 テクニカル 会社情報 採用情報 お問合せ  
 
 
データネットワーク
統合ネットワーク
イントラネット
統合保守
レンタル
ハードウェア
アプリケーション
回線秘書
 
 
 
■ 音声ネットワーク
  IP化の到来により、オフィスの音声ネットワークもますます高度化、複雑化してきました。
音声ネットワークの最終目的とするところは、品質の保持と、恒常性にあります。
昨今は、これらとともに、コストセービングの手法としてネットワークの再構築、見直しが進められています。
電通工業は、長年にわたり培ってきたノウハウと、最新の手法により、皆様に最適で、コストパフォーマンスに優れた快適な音声ネットワークを提供します。
     
     
  【音声ネットワークのIP化】
音声ネットワークのIP化にはさまざまな形態があります。
  IPセントレックス
  VoIPネットワーク
  IP−Phone
  IP−電話     等々
電通工業では、これらIP化の方式のうち、お客様のニーズ、運用形態に見合った最もコスト・パフォーマンスの優れたネットワークを提案します。
 
  【回線の選定】

ネットワークの基幹となる回線も、公衆網、専用線(古くは「符号品目」から「ATM」まで)、広域網とさまざまな種類が存在します。
例えば、音声伝送には不向きと言われる自営のインターネットVPN網も、電通工業独自のノウハウによって、音声網として使用することもできます。※1


※1 : ネットワークの遅延による音声の揺らぎは設定により吸収します。
      但し、PPPoEの再接続による途切れ、ネットワーク遅延による途切れは発生します。

 
【既存設備の救済】
IP化の波に乗るために、すべての既存の機器をリニューアルしていたのでは、何のためのコストセービングか、わからなくなってしまいます。
電通工業は、既存の機器を有効に活用しつつ、徐々にIP化を推進する手法を持っています。
種々のメニューの中から、お客様の実情に見合ったシステムを提案します。